企業再生・事業再生 会社の発展・永続のために
企業再生

こんな悩みをお持ちの経営者の方は、ぜひ一度ご相談ください。

  1. 資金繰りが厳しい。
  2. 融資を断られた。
  3. 手形の決済に追われている。
  4. 連帯保証人に迷惑をかけたくない。
  5. 銀行から不動産を売却するように言われた。

 長期低迷を続ける日本経済の活性化に向けて、政府は『民事再生法』『改正会社更生法』の施行、『税法上の特典』また『産業再生機構』の 創設と企業再生(事業・財務の再構築)を取り巻く環境整備を加速しております。 当社でも多方面からの要請に応えるべく、企業再生コンサルタントの質・量ともアップを図っております。また企業再生では数多くの再生実績をあげている株式会社青山財産ネットワークスの支援を受けつつ、全国の地域法人とのネットワークを駆使して、お客様の会社の再生に全力をつくします。

再生事例のご紹介
  1. プレパッケージ型民事再生法による事業再生<1.5年にて再生完了>
  2. DDS(デッド・デッド・スワップ)で事業再生
  3. 一見困難と思われたM&Aを成就
  4. 医療法人の譲渡における適切な事業評価額の算定
  5. 全国的に展開するゴルフ場経営会社の再生
再生コンサルティングの流れ
ご相談

ご相談

主に全国の中小企業の方が対象です。次のようなご相談に対応します。

・資金繰りが苦しい ・手形が決済できない ・赤字が続いている
・返済に困っている ・金融機関から融資を断られた
・取引先が倒産した ・自宅を守りたい ・経営者の父が心配だ
・後継者がいない ・後継者がたよりない ・事業を譲渡したい 
・金融機関から返済計画を出すよう言われた 
・金融機関から不動産を売却するように言われた 
・債権をサービサーに譲渡された 
・税金と社会保険料の滞納が重い 
・連帯保証人に迷惑をかけたくない 
・連帯保証人になっている会社の業績が悪化している


現況診断

現状診断

現状の経営内容を書類とヒアリングから診断し、対処方法について方向性を提示します。
家族や親族、連帯保証人等との人間関係のお悩みも含めお悩みをお伺いします。


応急措置

応急措置

再生計画の着手前に資金ショートや事業毀損の恐れがある場合は対処方法を提案します。


ディーデリジェンス

デューデリジェンス

現状の事業内容について専門スタッフが精査し、諸問題を把握します。現地調査も行ないます。


再生計画

再生計画

方針を決定し、スケジュール、DES、新会社設立、事業譲渡、会社分割、M&A等再生手法を検討します。再生手法を選択肢、再生計画を立案します。


実行

実行

財務リストラ、事業リストラ、業務リストラ等、再生計画の実行を支援します。
金融機関や取引先への説明、交渉に同行します。


モニタリング

モニタリング

計画通りに進んでいるか進捗状況をモニタリングします。また、実行過程で新たな問題が出てきていないかをチェックします。


アフターサポート

アフターサポート

将来の事業計画の実現をお手伝いします。


お問い合わせはこちら